« 2005年12月25日 | トップページ | 2005年12月30日 »

2005年12月27日の2件の記事

2005年12月27日 (火)

手を抜くこと。

普及活動をしていると、どうしても普及が率先して頑張りすぎて、後ろを振り向くと農家や集落が着いてこなかった.....なんてことが結構多い。おいらなんてそんなことばかりで、一時、マジで集落営農って意味あんのかなって思ったことがあって、上司に「辞めたい」って言ったことがあったわけ。あの時は若かったな。カラ回ってたから(^^;

でも、そこでで踏ん張ったからこそ得たものもある。

それは「手を抜くこと」。

言い方は悪いけど、とっても重要なことだと気づかされた。

普及員の悪いところは、なんでもかんでも自分たちでやってしまうところ。

けっしてそうではない部分もあるのだけれど、集落営農だけはそうはいかない。

手を抜くこと.....正直、時々手を抜くこともあるけど、この場合は、普及員が集落を右往左往するのではなく、集落のことは集落で考えらせるポイントをつくこと。そのキーワードは「夢をもたせ」、「やる気を起こさせる」こと。そして「主役は集落」ということをしっかりと伝えること。自分たちで立ち上がるという「元気」をつけてもらうこと。言葉で言うのは簡単だけど、これが出来ないと集落営農は全く進まないと気づかされた(少々気づくのが遅いけど.....)。

集落に入ると昔の話(失敗談)や愚痴ばかりがこぼれるが、本当(本音)は違う。集落は我々のように後押しをしてくれる応援団を求めている。「自分の言葉」で本音で話すことができる普及員を求めている。

多くの集落に入って、そんなことを気づかされた。

集落営農で始まり、集落営農で終わりそうな2005年。

そのことに気づいただけでも、貴重な1年だったな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

明日で仕事納め。

農家の皆さんには申し訳ないが、明日で今年の仕事終わり!

今年を振り返ると、あっと言う間だったな。

年をとったせいもあるのかな?

今年は自分の周りでいろんなことがあった年だけど、一言で言うとやっぱ「集落営農」の年だったな。

①集落営農活動で大きな成果が出たこと

②それを発表したこと

③自身初のパネラーになったこと

この3つが個人的3大ニュースかな!?

はたして来年はどんな年になるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月25日 | トップページ | 2005年12月30日 »