« 2006年1月20日 | トップページ | 2006年1月29日 »

2006年1月24日の1件の記事

2006年1月24日 (火)

リーダーを後押しする環境

今日は1年間の普及活動の活動と反省評価を取りまとめてたのだが、各市町村ごとのモデル集落を眺めていると.....( ̄へ ̄|||) ウーム

なかなか苦戦続きみたい.....

集落営農の理解と必要性まではスムーズに進むのだが、動き出した集落、動き出しが見られない集落に分かれてき感じ.....

いろいろと上司と話もしたのだが、どうも「集落営農を牽引するリーダーが居ない」ことが進まない原因じゃないかなというところにたどり着いた。

国の調査でも、60%くらいがリーダー不在で集落営農が進まないって分析になっているのをなんかで見たこともあったしな~

でもだ、よ~く考えてみると、実は、リーダーは居ないんじゃなくて、リーダーを後押しする周囲の環境が整っていないのが正しいんじゃないかな~

リーダーになる人ほど「いろんな役付き」が多くて(農村じゃ役害とも言うらしい)、後押しがないと現実的に動き出せないも事実だし、信念をもってリーダーに立とうものなら潰されるケースだってある。出る杭は打たれるものだから.....

じゃ~どうすればいいのか???

考え抜いた答えは「慌ててはいけない」だ。

農用地利用改善団体なんかを作るのは簡単。

だけど、結局はリーダーの存在が役害のひとつになってしまっては集落にはなんの発展や未来もない。

慌てずに、リーダーを見極め育てながら話し合いを進めること。そうすれば、集落の意識が高まり、リーダーのやる気も徐々に高まるはず!慌ててはいけない.....

それと、次世代でもある若手層の話し合いも同時に進めることも効果的かもしれない。

慌ててはいけない.....

普及は話し合いの後押しを継続すること。そして次につながるポイントを常に作ること。

慌ててはいけない.....

さてさて、1年間の活動評価としては目標があまり達成できずといった感じだけど、これを単に結果としてとらえず、新たなアクションを模索する検討会にすることがとても重要かもしれない。

そして、リーダーを後押しする環境づくり.....おいらの課題。

いろんな農家と意見交換してみようっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年1月20日 | トップページ | 2006年1月29日 »