« 夢を持ってもらうこと。 | トップページ | 朗報①・・・「地上」への掲載 »

2006年3月 2日 (木)

同じ目標を作るためには時間が必要。

今日はまたもや簿記漬け.....&集落営農の進行管理に没頭.....あ~今週は現地活動が少ね~。これじゃいかんぞ「みなし普及員」!

ってなわけで、情熱指数はPCに向かいすぎでやや低下気味の50%。

実は、このブログのサイドバーに「集落営農ニュース(google)」を設けてます。

集落営農の最新ニュースがアップされると、メールでお知らせがくるようになってます。

今日は、栃木県で土地利用型作物を手がける農家の方が紹介されていました。

http://www.jacom.or.jp/tokusyu/toku185/toku185s06022809.html

規模拡大を図るにあたって、集落や地主とのコミュニケーションを図る工夫や、農業機械の投資を自らの工夫でコスト削減しているとっても素晴らしい農家の方です。

その方も集落営農について若干触れていました。

豆組合をつくった経験から集落営農については「同じ目標を持った人たちの集まりでないと、いったんは組織化しても壊れるのではないか。人数が多くなればなお難しい」と話しています。

ポイントは「同じ目標」。つまり「集落営農ビジョン」。

これがあると無いとでは.....形が出来ても正直長続きはしないでしょう。

農用地利用改善団体はあるけれど、集落共通したビジョンが無いと多分行き詰まるってことです。

実は今日、以前から働きかけていた集落のリーダーから電話がありました(嬉しかったな~)。

山間の十数戸の集落で、全戸参加型の機械利用組合がある集落です。

集落みんなを集めるから、来て欲しいという内容でした(更に嬉しかったな~)。

既に「同じ目標」ができているから、多分話しは早いでしょう。

でも、このような集落はほんの僅か.....

同じ目標を持てる集落、個人で頑張る(規模拡大)ために農用地の利用調整だけを進めて行く集落、集落営農は様々。

同じ目標を持つためには、話し合いという時間が必要。

もう少し、時間があればいいのだけれど、品目横断へ向けた支援の風が強くて.....

ちょっと愚痴っぽくなっちゃたな。

明日も簿記指導から始まる.....頑張ろう!

※ここ最近、自分へのメッセージっぽくなっている感じ.....

|

« 夢を持ってもらうこと。 | トップページ | 朗報①・・・「地上」への掲載 »

コメント

 昨日、僕の町で集落営農を推進する立場の農協の営農部にいってきました。担当者いわく「集落営農なんて無理だと思うんですよね」とのこと・・・。僕自身は補助金の受け皿としての集落営農では失敗すると思いますが、マーボーさんのような人が推進して集落にしっかりしたリーダーがいれば条件によっては可能かとも思います。担当者にはこのブログのことを教えてきましたが、少なくとも推進する側の人は真剣に取り組んでほしいですね。
 帰り道、離農を決めた隣町の叔父のところに寄ってみました。7戸の集落で集落営農が難しいということで高齢の3戸が離農、残りの4戸で土地を引き受ける事になったそうです。北海道としては1戸あたりの面積が小さく2~7haということで昨年まで機械の利用組合があって共同利用していたのですが、今回耕作面積が増えた農家が個別に機械を持つことになり結局利用組合も解散することになったそうです。国の政策に従って中途半端に面積が増えた結果、せっかく効率よく使われていた機械を個人が持って非効率になってしまうのは本末転倒のような気がしますよね。そういう意味では『目標』というより『目的』を明確にする必要があると思います。
 マーボーさんが書いている『同じ目標を作るためには時間が必要』というのは僕はちょっと違うと思います。前にもコメントしたように農業をやっている目的が様々なので『同じ目標を作る』というのは難しいと思います。問題は同じ『危機感』をもてるかということでしょうね。これは単なる言葉の違いかとも思いますが・・・・気まぐれなコメントなので・・・。
 

投稿: 桜 夢人 | 2006年3月 5日 (日) 00時10分

 桜 夢人さんのコメント、確かにそうですね。

農業をやっている目的は、農家によってかなり違います。

 パチンコの資金を稼ぐためにやっている(?)様な人も、多いです。

 いずれ、パチンコ問題について、文章を書こうと思っています。

 そちらの町ではいかがですか?

投稿: アベッカム | 2006年3月 5日 (日) 18時39分

桜夢人さん、アベッカムさんこんばんは。

>『危機感』をもてるかということ.....
ですね。私もそんなことが言いたかったのです.....
それにしても、北海道の農業は規模が全然違いますね~ただただ驚きです。
JAの方に教えたなんて、変なことは書けませんね.....ちょっと失礼な意見ですが、集落営農は、実はJAにとって非常に重要なことなんですが(いろんな意味で)、正直何をやってよいのか、どこから手をつけてよいのかがわからないのだと思います。
>「集落営農なんて無理だと思うんですよね」
このコメントも、ビジョンがないからハッキリと言えないだけだと思います。答えとしては中途半端に推進するよりは良いと思います。
ココで「危機感」という言葉が使えると思います。
集落や地域の危機感について、関係者(JA、市町村、普及)の間でしっかりと話し合っているか?その課題解決として集落営農という仕組みが合うのか?我が地域ではどのような集落営農が合うのか?
関係者が一丸となり、このような話し合いを定期的に行っていれば、そして明確なビジョンや施策がしっかりしていれば、担当者も明確な方向性を自信を持って提案できると思います。

アベッカムさんのパチンコネタ!
興味ありですね~
私の「パチンコ道」は足を洗ってから10年位経ちます。最近のは良くわかりません。
当時、パチンコ店は一番農家とコミュニケーションを図った場所かもしれません(;^_^A アセアセ・・・
楽しみにしてますね!

投稿: マーボー | 2006年3月 5日 (日) 22時39分

はじめまして。ずーっと読んでるだけでしたが、初コメントです。目標を持つって大事ですよね。目標に向かって目的とかがハッキリとなるわけですし。でも、目標達成が困難だからと言って、イキナリ方向転換されると、こちらも対応に苦慮します(^^; 特に、ほ場整備事業の活性化計画に書いてある品目や面積が困りもの。この前、話合いのあった集落は、採算が合わなくなったので「もうやめたい」と言われ、土地改良側(県、市)も『活性化計画は目安だし、罰則規定がないから大丈夫でしょう』なんてこと言うもんだから。。。
じゃあ 一生懸命に性化計画を作って、地域の目標として説明会をしたのか(当時の担当談)ってことになりますよね。
そりゃ、経営的に大ケガをする前に止めたいというのは分かりますが、あまりにも簡単に済ませてるような気がしてなりません。

投稿: ごろう | 2006年3月 6日 (月) 05時32分

ごろうさんコメントありがとうございます。

時代の流れも速いですから、当時作成された活性化計画そのものが悪いわけではないんですよね。
これからのアクションは、5年後の活性化計画を改めて立てることではないでしょうか?
話し合いの「きっかけ」が出来たわけですからね。

また、コメントください。

投稿: マーボー | 2006年3月 6日 (月) 18時43分

 数日振りに覗いたらコメントが増えてますね。ベッカムさんの「パチンコをするために・・・」というのは面白いとおもいますが、僕の町は80%が専業、15パーセントが1種兼業、5パーセントが2種兼業という感じなので、ほとんどの人は生活のために農業をやっています。冬の間、ずっとパチンコしてる人はいますが・・・。
 僕の町では今年も20数件の離農があったので今時は農地の斡旋の真っ最中です(北海道は4月から作付けがはじまるので)。5年ほど前にJAが合併し50件ほどの離農があってから年々戸数が減り、逆に面積を増やす人はどんどん増やして50haを超える農家が増える中で、規模の2極化が起こっているのが実情です。町の東側に位置する5ha規模の農家の集まっている地域が問題なのですが、多分5割は数年で離農すると思います。その地域の農協支所は4年前に閉鎖、保育所は今年いっぱいで閉鎖が決まっていて、小中学校も閉鎖になると思いますし、郵便局もなくなるでしょう。町は、集落営農の説明会を開いただけ、農協は担当者を置いてはいますが、組織的に集落を再編することができません。理由は、離農すると他の地域の規模の大きな農家が買うか、品目横断の面積を満たすため周辺の農家が買い上げてしまい、集落をまとめることができず、米価の下落に対応でない意欲のない農家は現状で営農し・・・離農。これを数年繰り返すと集落の戸数は半減するでしょう。景気の悪い北海道では建設業や運輸業で農業へ参入も試みられていて、近所に1件運輸会社の出資する農業法人もあります。拡大意欲のあるところは『ハゲタカ』のように値段を叩いて農地を買っているようです。
 現実を目の当たりにすると、補助金で農家を骨抜きにした国にも責任はあるような気もしますか゛・・・。地域社会を維持するために『集落営農』を組織するにしても、意欲のない人たちを救う方法はないのかも知れませんね。マーボーさんに出張していただければと思います!
 
 
 

投稿: 桜 夢人 | 2006年3月 8日 (水) 15時42分

桜夢人さんこんばんは。
北海道への出張いいですね!半分冗談、半分本気で受け止めます(^^)

いつもコメント頂く度に北海道との違いを痛感します。コメントから感じるのは、正に勝ち組負け組みがハッキリしている企業競争です。いま拡大している大規模農家は経営のために一生懸命に規模拡大を図っているのでしょうが、将来的に経営が傾くと企業買収されるような構図なのでしょうか?大規模が故、土地利用型作物が故の選択なので止むを得ないのでしょう。そして栽培しているものが国内競争ではなく既に国際競争の渦中。1~2haの個人の水田経営の合理化を進め、個人努力で20~30aの農地で坪単価のあがる園芸品目を積極的に進めている地域に居る私には想像できません。

だけど、集落機能やコミュニティーってのは何処へ行ってしまうのでしょうか?今後、集落営農は農業経営だけの問題ではなくなり、地域社会の維持、教育、コミュニティー、文化伝承、災害時の助け合いなどなど.....様々な効果が期待されるはずです。せめて、農地を手放さずして、農地の利用調整を行える集落営農から始めることは出来ないのでしょうか?勉強不足でろくな意見が言えずスミマセン。

投稿: マーボー | 2006年3月 9日 (木) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129694/8914761

この記事へのトラックバック一覧です: 同じ目標を作るためには時間が必要。:

« 夢を持ってもらうこと。 | トップページ | 朗報①・・・「地上」への掲載 »