« 2006年7月23日 | トップページ | 2006年8月5日 »

2006年7月31日の1件の記事

2006年7月31日 (月)

日本列島梅雨明け宣言!

日本列島が続々と梅雨明け宣言です!

やっぱカラッとした空気最高です!

1ヶ月前の海外を思い出します!!!

これで、農作物の生育もひとまず安心かな。

さてさて、最近周一ペースの更新です。ちょっとやる気がないですね~。正直心は梅雨空と一緒でした.....ってのは冗談で、日々曇雨天対策や座談会等でほぼ深夜帰りの日々でした。

今回の座談会は中山間の町の集中座談会です。

こんな言い方は失礼だけれど、ん~ハッキリ言って梅雨空です。

初めて入る集落がほとんどですが、苦戦続きです。

おいらの場合、説明の完璧度よりも、次の座談会をどのような内容で何時やるかって事を重要視しているのだけれど、説明どまりの日々です。

集落営農の必要性には十分なくらいの必要性を感じてもらえるのだけどれ、「もう年で無理だよ」、「若いもんは農業に興味がない.....」ってコメントがほとんど.....

ん~やりかたが悪かったのか、本当に遅すぎたのか.....

座談会が終わってから役場と再検討です。

そんな中でも、けっこう反応のあった集落もありました。次回につながる集落です。既に次回の約束もしました。動き出すとドンドン加速できるのですが、動かすまでの労力はホント大変です。動ける集落から支援です。

それと今回の集中座談会.....品目横断、農地・水・環境.....農政の大転換期!って説明も行っているだけれど、うむ~農村に響くのは農地・水・環境くらいかな.....品目横断はハッキリ言って興味無しです。徐々にですね。

高齢化した中山間での集落営農は本当に大変だけれど、一番必要な地域です。

集落、いや、地域が一丸となって取り組まないと、農業はもとより、地域が衰退してしまします。その基盤となるのが農業と言っても過言ではありません。

集落営農で無くてもいいから、何か「意識の高まること」が必要です。

大きな課題です。

日本列島の梅雨明け宣言のように、色んな集落で続々と名乗りを上げて欲しいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月23日 | トップページ | 2006年8月5日 »