« 2006年9月5日 | トップページ | 2006年9月9日 »

2006年9月8日の1件の記事

2006年9月 8日 (金)

これからの人の意見を通していくこと。

いやはや、涼しくなったと思ったら、また蒸し暑く.....

そして、稲穂が徐々に色づいて.....

この時期の水田のコントラストが結構大好きです。

さてさて昨日は、地元園芸生産者によるイベントが行われました。

多くの消費者や流通関係者などが集まり消費拡大やPR、今後の産地のあり方などについて講義を聴いたり、議論したり、そして最後には酒を飲みながらオールナイトなトークを行いました。

「これからの産地が行うべき事は?」と言うことをコツコツと行っている素晴らしいイベントです。生産者が一丸となり準備をすることで益々絆が深まり、モチベーションが高まっていくので、こういうイベントは非常に重要です。

今日ばかりは「集落営農」から少し離れて、日頃思っていることを農家の皆さんと話しました。

やっぱ専門の話はとてもおもしろいですね。

集落営農の話をすると、大半の農家が引きますが.....作物の話や儲かりそうなアイディアのぶつけ合いになると農家の目が輝きます。

これから重要なことは、今日話して決まったことを実践計画に落として、少しづつでも良いので実行に移すこと。そして小さなアイディアの芽を摘むことのないよう少しずつ育てていくこと。話し合いを定期的に続けること。

まさに集落営農と同じです。

産地育成も集落営農も同じです。

みんなのモチベーションを高め、同じ目標を持つことです。

そして今日特に良かったのが、数少ないこれからの若手が結構参加したことです。そして、重鎮たる生産者と多くの意見を交わし、組織の中に馴染んできたことです。

産地が後押しすることは「これからの人の意見を通していくこと」だと思います。

この産地.....まだまだ伸びます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月5日 | トップページ | 2006年9月9日 »