« 2006年9月29日 | トップページ | 2006年10月6日 »

2006年10月3日の1件の記事

2006年10月 3日 (火)

大切な人たち。

今日は子供を寝かせてからPCに向かってます。時間にして10:00。

かみさんが夜勤なんで今日はおいらが子守の番なんです。

大変だけれど、結構好きな時間.....自分の時間は重要です。ほのぼの( 。・_・。)

さてさて、10月。いよいよ平成18年度も下半期に突入です。

やばいですね~そろそろ実績を出していかなければいけない時期にさしかかってきました。

っとは言うものの、地味~にやってます。

今日は天気が良かったからではないけれど、集落営農を進めている集落を巡回してきました。

仕事なのに最高に気分の良いドライブ.....いやいや巡回でした(^^;

そこで見かける第一村人発見<◎_◎>!!

インゲンとアスパラ菜(一般的にはオータムポエム)を栽培する70代の元気なおばあちゃん。

0610035_2

声を掛けるとやや不安げな顔をするも、普及センターです!っという言葉に反応。

ネコブ病で悩んでいるようでした。

立ち話すること数十分。止まらないばあちゃんの話。よほど嬉しかったのでしょう、出るは出るはの農業話。

本当に農業が好きなんですね。こっちまで嬉しくなりました。

そして第二村人発見<◎_◎>!!!

今度は80代のご夫婦でした。

農業機械が進化する時代に、手刈りでソバを刈り、自然乾燥させるため稲ワラでしばり立てるという作業をしておられました。

06100311_1

とっても仲の良いご夫婦で、奥さんの方は先日の座談会に参加されていたようです。

私の話もほぼ理解できたようで安心しました。

このご夫婦は、都内にいる孫娘に生蕎麦を打って送るそうです。孫娘もそれを毎年楽しみにしているそうです。

集落営農も賛成で、若い衆にはどんどん進めてほしいそうです。

素晴らしい理解者にあえて良かったです。

集落営農を進めるには、こうした年輩者の意見も非常に重要であり、様々な場面で先人の知恵が生きてきます。

時にはうるさい存在ですが、大切にしなければならない重要な方々です!

今日の活動.....ちょっと間違えば、NTVの笑って○○と同じような事してますが、実は実は、今後マッピングや農地の利用調整、園芸品目の導入などを行う際に必要な情報になります。

それにしても今日は最高の天気でした。

おまけ.....日向ぼっこするシマヘビちゃんも、首をなが~

くして集落がまとまるのを待っております。

おまえも大切な一員だ!どうか畑のネズミを追い払ってくれたまえ~給料やるから(^^;

0610031_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月29日 | トップページ | 2006年10月6日 »