« 2007年1月15日 | トップページ | 2007年1月22日 »

2007年1月17日の1件の記事

2007年1月17日 (水)

集落営農って何だろう!?

今日は我が県の集落営農推進大会が行われ、県内から800人以上が集まり.....ホント盛大でした。

基調講演では「ここがポイント!集落営農」の著者、兵庫県の森本先生が、つくるまでと、つくってからというテーマで、これまでの自分の経験を踏まえてエピソードを添えながらわかりやすく講演されました(阪神淡路大震災から12年目を迎えた日なのに.....大変でした)。

エピソードを聞くたびに、私も同じような経験がいくつもあるのでうなづけること多々.....でも今日は多くが生産者.....どのような受け止め方をされたかは不明でしたが.....簡単なアンケートでもとれば良かったのに.....ちょっと残念。でも隣の農家の方はウンウンと所々でうなづいていました。多分集落づくりで苦労されたリーダーでしょう。伝わったようです。我が地域からも多くの農家が参加していたので、後で感想を聞く必要がありますね。

 

午後からはこれまでにない斬新な企画!ミュージカルです!

070117

劇団ZENT―YOYO―CLUB.....本拠地岩手県を中心に、東日本の各地で引っ張りだこのようですが、我が県には2回目の来県のようです。来週はT県に行くそうです。

なんていうんでしょう!?大先生の話もわからんでもないのですが、こういうのって伝わりますね。1時間半はあっというまでした。

コミカルなキャラクターが思い思いの悩みや不安をうち明けはじめるところから集落営農をはじめていこうと集落が一枚岩になっていくストーリーです。途中反対した頑固じいさんも徐々に心を開いていき、最後には「集落営農でパーッと世界が広がった」と一番の反対者が楽しそうに見える感じのストーリーです。

最後に代表から一言。

今盛り上がっている気持ちを忘れないで、集落を盛り上げていって欲しい!

ホントそのとおりですね。

 

この劇団.....本当は我が地域で我先に呼ぶはずでした.....でも予想以上の予算が必要で断念しました。農村の方はミュージカルを見る機会もないし、女性に呼びかけるにも最高だと思い、JAや町村を廻りましたが.....断念しました。

もし、チャンスがあれば呼びたいですね.....その気持ちはいまだに強いですね。

 

さてさて、今回の推進大会に参加して、いろいろと思うところがありました。

集落営農って何なんだろうって、また考えさせられました。

我々の集落営農の目的は、農家所得の向上であったり、農業をとおした地域活性化であったりするのですが、実はこの取り組みは日本社会の再編につながるのではないかとも思いました。

大会の中で出てきたキーワード.....

・農村集落の活性化が、豊かで美しい日本社会を形成する。

・集落営農は「心の改革」。

・支え合い助け合う「結いの精神」の復活。

そう考えると、集落営農は大農政改革と言われているけれど、それ以上の夢や可能性が詰まっているかもしれません。

美しい日本社会.....どこかで聞いたフレーズですが、もしかすると、地方の多くの集落営農が主役になる時代が目の前にきているのかもしれません。

これは正にチャンスかもしれませんね!

少なくとも、今日来場された800人はそれを感じたはずでしょうから、これから多くの集落で動き出しが期待できますね!

遅れている我が県.....やるっきゃないですね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年1月15日 | トップページ | 2007年1月22日 »