« 2007年1月17日 | トップページ | 2007年1月25日 »

2007年1月22日の1件の記事

2007年1月22日 (月)

集落営農組織長持ちのポイント

1月から農業新聞の担い手ページに、兵庫県の森本さんが「集落営農、長持ちのポイント」と題して連載しています。毎週月曜日の掲載で、今日が3回目です(全8回)。P3の右下です。

今日掲載されていたのは非常に重要な内容だと思いました。

営農組合に任せてしまうことで効率化されたが、無関心な人が増えている.....集落営農は生産面だけを重視してはいけない.....集落みんなが能力にあった参加が出来るような仕組みが、集落の活性化を生み出す。

と言うような内容です。

私も以前、集落営農を教えてくれた師匠に同じようなことを聞いたことがありました。

その集落は、基盤整備事業を契機に担い手集積型の集落営農をはじめたのですが.....優良事例なのですが.....内情は、森本さんの記事のようなことが起こり、担い手自身が困っているようです。詳細な内情はわかりませんが、やはり農業生産面だけを重視した結果だと思います。

集落営農でコミュニティーが無くなって.....いや、薄れていくこともあるようです。

集落営農も場合によってはこのようなケースもあるようです。

失敗事例の一つかもしれません。

だから、農地・水・環境向上対策は車の両輪として必要なのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月17日 | トップページ | 2007年1月25日 »