« 2007年3月26日 | トップページ | 2007年4月2日 »

2007年3月29日の1件の記事

2007年3月29日 (木)

考え方の転換。

ポカポカ陽気です。夏日になったところもあるとか.....まだ3月ですよね.....4月が怖いです。

さてさて、今日は久しぶりに園芸のお仕事。

ちょっとした勉強会に参加したのですが、いろいろと勉強になりました。

生産者、資材業者、JA職員、普及員などなど。約70名が参加。

今回のねらい.....生産組織が多様化している状況下で横のつながりを強くしていこうという趣旨。

同じ地域にいて、同じ物を生産していて、実はほとんど顔を知らないと言うのが現状。

そこで、組織の枠を超えて、みんなで勉強会を開催していこうという農家の一声で今回の勉強会が実現しました。

その中で数々のキーワードが心に残りました。

「考え方を変えていくこと」.....品質はよいのだが、金になっていない産地が増えているようです.....経営者として利益につながる栽培方法を検討しなければならない。

「自分の売りたい物を明確にすること」.....顔の見える安全安心な農業を目指す上で極めて重要な経営理念だと思いました。消費者がどんな物を望んでいるのか.....これからは生産者みずからがリサーチする時代。

 

集落営農も同じですね。

これまでの考え方を変えて、自分たちの目的を明確にする。

 

夜の交流会で、同世代の方から集落営農について聞かれました。

経営の主力である園芸部門を拡大できるよう、稲作を合理化すればよい.....そのための手法の一つが集落営農だと簡潔明瞭に答えました。

受託組合を立ち上げ、経営してみたらとも言ってみました。

水稲と園芸を切り離して考えてみる。

考え方の転換で、新しい経営が見えてきそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月26日 | トップページ | 2007年4月2日 »